• HOME
  • ブログ
  • 特別企画
  • 【次世代OOH】500人以上の参加企画も!ファンが出稿する“応援広告”(2021年4~5月事例)

【次世代OOH】500人以上の参加企画も!ファンが出稿する“応援広告”(2021年4~5月事例)

 アイドルなどの広告をファンが出稿する「応援広告」が増えている。
 元々は韓国の発祥で、K-POPのアイドルなどのデビュー記念日や誕生日を祝う内容が主流だ。ソウル交通公社によれば、ソウル地下鉄に掲載されたアイドルや有名人の広告は、2018年から20年まで毎年2000件を超えるという。
 日本でも、19年放送の公開オーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」をきっかけに、自らが応援する候補生への投票を呼び掛ける広告が出現。ファンによる出稿が見られるようになってきた。

 今年4月、西武池袋線 池袋駅改札内・西武池袋ビッグボードに登場したのは、前述の番組からデビューした「JO1」のメンバー・木全翔也さんの誕生日を祝う広告だ。
 B0 8枚分のサイズを1週間掲出し、最後の土日はファンが付箋にお祝いメッセージを書いて貼れるもの。韓国では広告に付箋を貼ることはスタンダードになっているが、日本では今回初めて実現した。
 2日間で、ファンをはじめ、たまたま通り掛かった人も含めて500人以上が参加した。


(写真=池袋駅に掲出したポスター)


(写真=お祝いメッセージの付箋が大量に貼られた)

 この広告を出稿したファン団体は、木全さんの誕生日に合わせ、木全さんの好物のすしにちなんでスシローの店内サイネージ、出身地である名古屋・久屋大通公園のビジョンへの出稿、過去にロケで訪れた動物園やカフェの協力を得てカップホルダーの配布なども行ったという。


(写真=スシローの店内サイネージ広告)

 さらに、5月現在、「PRODUCE 101 JAPAN」はシーズン2を開催中。各候補生に投票を呼び掛ける広告が各地で見られた。
 以下は、5月に掲出された応援広告の一例を紹介する。

<PRODUCE 101 JAPAN SEASON2 候補生への投票を呼び掛ける応援広告(池袋駅)>

<「JO1」メンバー・豆原一成さんの誕生日広告(渋谷駅)>

<「乃木坂46」元メンバー・西野七瀬さん、伊藤かりんさんの誕生日広告(乃木坂駅)>

※新聞「総合報道」2021年5月25日号では、木全翔也さんの誕生日広告の出稿をサポートした㈱ジェイアール東日本企画を取材。
「JO1」の応援広告が特に盛んな理由、ファンが応援広告を出す理由や思いなどもレポートしている。

関連記事一覧