• HOME
  • ブログ
  • 製品・サービス
  • 【首都圏交通媒体事業者11社局】交通広告における媒体接触者の可視化に向け、「交通広告におけるメジャメントガイドライン」の第1版を公開

【首都圏交通媒体事業者11社局】交通広告における媒体接触者の可視化に向け、「交通広告におけるメジャメントガイドライン」の第1版を公開

 首都圏で交通広告を販売・管理する鉄道事業者ならびにハウスエージェンシーやグループ広告会社の11社局で構成する「交通広告メジャメント標準化検討会」は、 交通広告における媒体接触者の可視化を図る手法(メジャメント)の標準化を目的とする 「交通広告におけるメジャメントガイドライン【第1版】」を策定し、公開した。
 このガイドラインでは、最初のステップとして駅広告媒体においてデータを取得し、「媒体接触可能人数」を推計するための標準的な手法のあり方を定めたもの。今後は、車両広告媒体におけるメジャメントの手法、交通広告における定量的な独自価値について、引き続き具体的な検討を実施、随時ガイドラインを追加・改訂していく予定だ。

 交通広告メジャメント標準化検討会のメンバーは下記の通り。
 ㈱小田急エージェンシー、㈱京王エージェンシー、  ㈱京急アドエンタープライズ、㈱京成エージェンシー、相模鉄道㈱ 、㈱ジェイアール東日本企画 、西武鉄道㈱ 、㈱東急エージェンシー、東京都交通局 、東武鉄道㈱ 、㈱メトロアドエージェンシー。

関連記事一覧