• HOME
  • ブログ
  • ディスプレイ
  • 【乃村工藝社ほか】新展示「知脳を○○(まるまる)する-脳をみて、脳をつくる研究者たち」を3月25日から公開

【乃村工藝社ほか】新展示「知脳を○○(まるまる)する-脳をみて、脳をつくる研究者たち」を3月25日から公開

 日本科学未来館と東京大学国際高等研究所ニューロインテリジェンス国際研究機構、㈱乃村工藝社は、3月25日にビジョナリーラボ第2期の新展示「知脳を○○(まるまる)する-脳をみて、脳をつくる研究者たち」を公開する。
 脳研究と人工知能(AI)研究の融合によってどのようなビジョン(=理想の未来像)を切り拓くことができるのか、最先端研究から「知性」についての新しい視点を獲得し、脳の大きな可能性を共に探っていく展示。
 「知脳を体感する」「知脳を理解する」「知脳を探究する」「知脳を創造する」のテーマのもとに、脳とAIの最先端研究からわかる人間の脳とAIの共通点と相違点や特徴を、実際の装置やAIを見て、聞いて、触れて理解できる。脳研究からどんなAIが創れるか、どんなAIなら私たち一人ひとりが尊重される未来をつくる助けとなるのか、研究者のビジョンから未来を想像したり、自ら意見を発信したりすることで、展示を通して来館者もビジョン創造に参加することが可能。
 三者でワークショップを開催して協働で企画制作し、脳研究とAI研究の融合から生まれる研究成果を最適な展示手法で提示することで、来館者に新しい体験を提供する。展示エリアは日本科学未来館 3階 常設展示ゾーン「未来をつくる」。

関連記事一覧