【東急AG】「広告コミュニケーション成功の法則」を3月23日に発刊

 ㈱東急エージェンシーは3月23日、新刊本「広告コミュニケーション成功の法則」を発行した。
 同社は、2000年発行のジョン・ロシター&ラリー・パーシー氏の名著『ブランド・コミュニケーションの理論と実際』(原書:Marketing Communications)以来、同シリーズの邦訳版を発行している。新刊本は、今後ますますマーケティング・コミュニケーション業界が直面するだろう3つの大きな課題として「マーケティングのより効率的な実施」、「質の高いクリエイティブの制作」、「広告をブロック、スキップする消費者へのリーチ方法」をあげ、各章で詳細に検討を加えた。
 また今回は共著者に世界有数の広告調査の専門家であるラース・ベルクヴィスト氏を加え、それぞれの計画ステップで利用できる調査方法も紹介。監訳は長年にわたり広告効果の理論、統合型マーケティングコミュニケーションなどの研究を続け、日本広告学会、初の女性会長であった東京経済大学経営学部の岸志津江教授が担当している。
 体裁はB5判並製、624頁、定価は6380円(税込み)。

関連記事一覧