• HOME
  • ブログ
  • OOH
  • 【クロススペースほか】新宿駅東口で3D映像も可能な150㎡超ビジョンの放映開始、巨大三毛猫が登場

【クロススペースほか】新宿駅東口で3D映像も可能な150㎡超ビジョンの放映開始、巨大三毛猫が登場

新宿東口3D巨大三毛猫

㈱クロススペースからの委託により、㈱マイクロアドデジタルサイネージと㈱ユニカが共同運営する「クロス新宿ビジョン」が7月1日からプレ放映を開始した。
 150㎡超級としては国内唯一の4K相当の大型街頭ビジョンで、湾曲したフォルムを活用し、一般的な平面サイネージでは表現が難しい3D映像の放映が可能。デモンストレーションとして、通常放映の間に、3Dの巨大三毛猫が登場する。
 ビジョンの場所は、下層階がイベントスペースで、向かいがJR新宿駅東口駅前広場という好立地。
 近年、海外では大型街頭ビジョンを利用した3D映像が話題を呼んでいるが、日本国内ではこれに適した大型媒体が少なかった。「クロス新宿ビジョン」は設計当初から、新宿駅東口広場からの視聴に適した設置位置・形状を意識したという。
 デモンストレーションで登場する三毛猫は、ビジョンの放映開始と共に目を覚まし、放映終了と共に眠りにつく。日中は通常放送の合間に登場し、通行人に話しかけることもあるという。
 ビジョンの公式Twitterが投稿したデモンストレーション映像は、投稿から1日足らずで約12万いいねが寄せられている。
 また、ライブカメラ(Youtube)でビジョンの様子を見ることも可能だ。

【クロス新宿ビジョン概要】
住所:新宿区新宿3-23-18 クロス新宿ビル屋上
放映時間:7:00~25:00(17時間放映保証)※24時以降無音放送
画質:4K相当
画角:16:7
サイズ:154.7㎡(H8.16m × W18.96m)
画面仕様:6ミリピッチLED SMD仕様
放映開始予定:2021年7月12日(月)

関連記事一覧