JR東日本、新宿駅に国内最大規模のLEDビジョンを設置

 JR東日本は、世界一の乗降客(約370万人/日)が行き交う新宿駅構内に、国内最大規模の空間演出型媒体を㈱ジェイアール東日本企画と共同で整備すると発表した。これは、世界各国で400以上のユニークなプロジェクトを展開する、モーメントファクトリー社を起用し、これまでの駅構内にはない新媒体を整備するもの。新宿をモチーフにしたアートや、時間帯・季節に応じて映像や照明・音響装置を使用。統一感のある演出を行うことで、地域の魅力発信と新たな体験価値を創造させ、新宿の新しいシンボルを目指している。昨年7月19日に開通した東西自由通路に国内最大規模のLEDビジョン及び天井面への演出照明・音響装置など空間演出型媒体を整備する。