【エプソン】サイネージ向けプリントヘッド“T3200”を発売

 セイコーエプソン㈱とエプソン販売㈱(以下、エプソン)は、2021年度下期に高画質・高速印刷を簡単にプリンターへ実装できるプリントヘッドの新商品として4色一体型の『T3200-U3』(以下、T3200)を発売する。
 T3200は、ひとつのプリントヘッドで CMYK 4色インクによる高速・高画質印刷を実現。さらにプリントヘッドにヒーターを内蔵しており、さまざまな粘度のUVインクに対応、特にサイネージや商品パッケージの印刷に適している。また、T3200の発売と同時に2色一体型の『T1600-U3』(以下、T1600)も発売する。
 4色インクの印刷をするためには、2色一体型プリントヘッドでは2つのヘッドを組み合わせる必要があるが、T3200は、CMYK4色のインクを吐出できるため、ひとつのプリントヘッドで対応できる。さらに、印字幅も拡大。現行の4色一体型「I3200」の有効印字幅 33.8㎜ (1.33 inch)に対して、『T3200/T1600』は有効印字幅が 67.2mm (2.65 inch)となっている。
 また、T3200と T1600のプリントヘッドをフレキシブルに配置することで、色数や速度が異なるさまざまな種類のプリンターを開発することが可能。例えば、T3200 には CMYK インクを搭載し、T1600 にはホワイト、バーニッシュ(透明ニス)といった特色インクを搭載するような使い方もできる。

関連記事一覧