【丹青社】アート・工芸作品のプラットフォーム「B-OWND」、作品の製品化を開始

 ㈱丹⻘社がサービスを提供するアート・工芸作品のプラットフォーム「B-OWND(ビーオウンド)」は、アーティストとのコラボレーションおよび専門メーカーと共同開発を行い、アートとしての工芸作品を製品化する新たなプロジェクトを始動する。
 第1弾は「頬鎧盃(ほほよろいはい) 童(わらわ) 虎形(とらなり) 金(きん)」で、陶芸家・古賀崇洋氏とB-OWNDとのコラボレーションによって実現したもので、古賀氏の代表シリーズ「頰鎧盃」がモデルになっている。 陶磁器の専門メーカーであるニッコー㈱と共同開発することで、古賀氏の作家性を体現したプロダクトとして、アート作品がより多くの方の手に渡るように制作したという。同製品は、東京・渋谷にある商業施設「RAYARD MIYASHITA PARK」で、6月18日(金)~23日(水)まで行われる古賀崇洋氏の個展「Anti Wabi-Sabi」(主催:or)において販売を開始する。
 同プラットフォームでは、今後も本プロジェクトを通して次世代アーティストの活動を支援するほか、「すべての人をアートの当事者に」というミッションのもと、より多くの方にアートを身近に楽しむための機会を創出し、アート・工芸作品の普及および日本におけるアートマーケットの拡大への貢献を目指していく。

【プロダクト概要】
・価格:44,000円(税込み)
・サイズ:W85mm×H62mm×D75mm / 82g
・販売場所:「Anti Wabi-Sabi」で先行販売後、B-OWNDウェブサイト(https://www.b-ownd.com)で販売予定
・販売個数:限定200個(先行販売40個)

関連記事一覧