Jekiが品川駅に3D映像を設置

 JR東日本エリアでは初となる、浮遊する3D映像を空中に投影するデジタルサイネージが、JR品川駅中央改札内に登場、話題を集めている。これは、株式会社ジェイアール東日本企画(jeki)が、JR東日本の主要ターミナル駅である品川駅で次世代を感じさせる新しいソリューションによる交通広告の更なる価値創造、デジタルメディア領域の拡充を図るのが目的。これまでにないインパクトと、話題性で駅メディア、交通広告に〝新風〟を吹き込むのが狙いだ。6月30日まで設置されている。