京急電鉄が羽田空港に錯視サインを設置

 京浜急行電鉄株式会社(京急電鉄)は、羽田空港国際線ターミナル駅で錯覚を活用した「錯視サイン」を1月28日に設置した。今回、設置された「錯視サイン」は目の錯覚を活用した案内サインで絵が立体的に見えることから、より注意喚起をすることが可能。また実際の看板と異なり、平らなフロアシートのため、点字ブロックを利用する視覚障害者の妨げになることなく、遠くからでも目が行きやすいサインとなっている。