jekiが「トレインチャンネル新潟」を導入へ

 株式会社ジェイアール東日本企画(jeki)は、JR東日本地方エリア初となるデジタル車両メディアの試験放映を2015年1月から行ってきたが、今年12月から「トレインチャンネル新潟」として順次正式導入することを発表した。導入する車両は、「E129 系」50両・150面(1両につき3面で、ドア上鴨居部に千鳥配置する)。サイズは20インチのフルハイビジョン仕様)。放映内容(コンテンツ)は、列車運行情報やニュース、気象予報、広告などで1ロール約30分。E129系の運行エリアは信越本線(新潟~直江津)、上越線(宮内~水上)、羽越本線(新津~村上)、白新線、越後線、弥彦線(写真は設置イメージ)。