日サ協が屋外広告物点検技能講習を再開

 公益社団法人日本サイン協会(日サ協)は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、開催を停止していた「屋外広告物点検技能講習」を9月から再開する。この講習は、業界共通の体系としてまとめた屋外広告物の点検に関する知識を、講習を通じて屋外広告物の制作・施工に携わる業者に普及させるのが目的。現在、今年10月から来年3月分までの申し込みを受け付けており、会場は東京・浜松町の日サ協会議室。定員は年内が15人、来年1月以降は25人。