パロマが、フォトコンテストの作品を募集中

 株式会社パロマは、昨年から『パロマ100枚看板プロジェクト』と題し、東京メトロの駅構内100カ所に広告看板を掲出しているが、第2弾のフォトコンテストの作品を3月10日(金)午後11時59分送信分まで受付けている。このコンテストは、毎日の暮らしを支えるガス機器メーカーである同社が、日常を支える存在でありたいという想いを込め、赤ちゃんからお年寄りまで100通りの日常を、メトロの駅看板に掲出する企画。第2弾は、「日常に『温もり』や『熱意』を感じられる写真」がテーマ。暮らしの中でふと温もりを感じられる瞬間や、感謝の気持ちに満ち溢れたもの、新たな挑戦への熱意を感じられるものなど、何でもない日常から垣間見せるキラリと光るワンショットを募集している。