九州サイン&デザイン ディスプレイショウが6月3・4日に開催

 九州広告美術業組合連合会(九広連)は、広告資材・機器情報展「2016九州サイン&デザイン ディスプレイショウ」を6月3日(金)、4日(土)の両日、福岡市博多区の福岡国際センターで開催する。今年で9回目を迎える同ショウは、九州の広告美術業界の発展と、九州域内の経済発展及び都市景観、環境保持の創造が目的。前回から九州印刷材料協同組合、福岡県印刷工業組合、福岡印刷工業協同組合主催の「九州印刷情報産業展」と共催で行われている。両展における今年のテーマは「アクセス鮮度100% 九州発信ブランドが時代をクリエイトする」。会期中は業界関連の技術セミナーも行われる。