読者の皆様へ

専門紙誌として、業界を守る情報を引き続きお届けしていきます。

 

 新型コロナウイルスの感染拡大で、政府から緊急事態宣言が発令されました。当社は、宣言に伴う要請を尊重しつつ、新聞「総合報道」及び雑誌「POP EYE」の発刊を続けてまいります。

 宣言による外出自粛や休業要請などの制限により、サイン・ディスプレイ業界にも様々な影響が表れ、不安の声が各所から上がっています。問題意識を共有し、改善や救済につながる方策を皆様と一緒に考え、読者を、サイン・ディスプレイ業界を守る情報を届けていくことが専門紙誌の使命と捉えています。

 東京2020大会も1年の延期となりました。コロナ禍の難局を業界一丸となって乗り切り、終息後のV字回復に期待し、当社としても微力ながら貢献しながら、皆様とともに歩んでいきたいと考えております。

株式会社総合報道 代表取締役社長 上杉幸生